中学入学準備
〜小学生のうちからできることって?〜

中学校での生活は、勉強に部活にテストにと、小学校とは大きく違い、忙しい毎日になりそうです。
今回は、そんな中学生活に向けて、小学生のうちからどんな準備ができるのかを説明します。
今から準備をしておけば、中学生活を素敵にスタートできるはずですよ。

POINT!

  • 授業は集中してしっかり受けよう
  • 毎日の勉強習慣を身につけておこう
  • 学習計画を立てよう
  • 勉強時間を増やしていこう
  • 「自学自習」で主体的に考え、解決しよう

小学生のうちから意識して行おう!

🌟授業は集中してしっかり受けよう
中学校の授業は小学校と比べて内容が難しく、進むスピードも速いので、しっかり聞いていないとすぐにわからなくなってしまいます。
ですから、当たり前のことですが、小学生のうちから日々の授業はしっかり集中して受けるようにしましょう。
そして、授業でわからなかったことがあったら、すぐに先生に質問して解決するようにしておきましょう。
日々の授業をしっかり聞いて理解しておけば、その分、わからないことが減ります。
そうすれば、宿題にかかる時間を減らすことができますし、テスト前にわからないことを一から勉強する必要もなくなり、無理なくスムーズに勉強を進めることができるようになるのです。
🌟毎日の勉強習慣を身につけておこう
中学生になると、小学生のときと比べて学校の授業時間が増え、部活動などで忙しくなりますから、「勉強する時間がない」と思うかもしれません。
しかし、勉強は毎日するのが基本です。
勉強するもしないもその日の気分次第では、成績アップは難しいでしょう。
大切なことは、限られた時間の中でうまく学習時間を確保しながら、少しでもよいので毎日勉強することです。
ぜひ、小学生のうちから毎日勉強する習慣を身につけておきましょう。
🌟学習計画を立てよう
毎日の学習習慣をつけるために、「学習計画」を立てて学習を進めることが大切です。
「漢字を毎日5文字練習しよう」「算数ドリルを1ページやろう」というように具体的な目標を考えて、初めは1週間程度の短めな計画を立てましょう。
学研教室へ通う日は前もって計画表に書き込み、その後に家庭で勉強する時間を考えると、計画を立てやすいでしょう。
また、1日のうち、朝は集中力が高いので、計算問題や読解問題を解くのによく、また寝る直前は記憶が定着しやすいので暗記学習が適していると言われます。
そのため、朝5分早く起きて計算問題を解いたり、夜寝る前に社会の用語を暗記したりなど、時間を上手に使って勉強すると効果的です。
🌟勉強時間を増やしていこう
毎日勉強する習慣が身についたら、小学生のうちから少しずつ勉強時間を増やして行きましょう。
中学生の勉強時間は、平日はその日の復習と次の日の簡単な予習をするために、毎日1時間程度確保するのが理想です。
そして、時間の取れる週末に2〜3時間しっかり勉強して、学習を深めていきます。
初めは30分だけでもよいので、宿題とは別に、学校の授業や学研教室でその日に習ったことをしっかり復習しておきましょう。
そしてわからなかったことは自分で教科書や辞書で調べるようにしましょう。
🌟「自学自習」で主体的に考え、解決しよう
中学校では、知識だけでなく考える力や表現する力も求められます。
それらの力をのばすためには、日ごろから主体的に考え、自分で解決しようとする姿勢が欠かせません。
学研教室では、自分で考え自分で解決する「自学自習」を大切にしています。
普段の勉強から、わからないことを安易に人にたずねるのではなく、まずは自分で教科書や辞書を使って調べて、自分なりの答えを出すようにしましょう。
たとえ、その答えが間違っていたとしても、解き直して、次に解けるようにすれば大丈夫。
そして、本当にわからない問題だけは、学研教室の先生に解くヒントをもらいましょう。
そうやって、自分の力で調べたり考えたりすることが、勉強で一番大切なことなのです。

学研 生野屋教室・東陽教室で中学校入学準備

今から中学入学までに勉強のやり方を見直して、素敵な中学生活をスタートさせましょう!
中学早期予約キャンペーン利用で、高校入試ランク順・英単語1850をプレゼント致します。
お気軽にお問い合わせください!

中学早期予約キャンペーン

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせについて

授業中は電話に出られない場合がございます。その際は表示された電話番号に折り返しご連絡させていただきます。
学習内容や指導について、入会のお申し込みなどまずはお気軽にお問い合わせください。